Mac OS X 10.6 Snow LeopardのBoot Campでトラブル2009/09/04 13:02

8/28に発売になったAppleのOS新バージョン10.6(Mac OS X 10.6 Snow Leopard)をクリーンインストール。
ちょっと嬉しくていろいろと触りまくる。
10.5よりずいぶん軽く動く印象。

そこで次はBootcamp。

intel系のcpuを搭載したMacはBootcampで起動時に切り替えをすることによって、WindowsXPやVISTAもMac上で起動することができるようになります。

喜び勇んでBootcamp3.0を使いWindowsXPをインストール。
インスト―ルは順調。
サクサク動きます。
次は・・・最新版の補正ソフト、sp3をあてましょうと操作開始。
何度もやっても途中で止まります。
これは前のバージョンでは発生しなかった現象です。
sp3にアップデートできません。

表示されるエラーは
osloader.ntdがコピーできないというもの。

調べますが、良くわかりません。
困って、掲示板に対策を教えて下さいと書き込み。

半日ほどで対策の書き込みをいただくことができました。

”「osloader.ntdをコピー出来ません」というメッセージなら下記のアップルのサポート情報が参考になると思います。
Boot Camp 3.0: Cannot Install Windows XP Service Pack 3
http://support.apple.com/kb/HT3841

英文ですが難しいものではないので手順通りにやれば大丈夫です。”

ありがたいと早速挑戦。

対応の手順は次の通り(あくまでも自己責任でお願いします)

1)windowsXPSP2が起動ているときにBOOTCMAPのドライブの以下の
ルート、
Bootcamp(c):\Windows\system32\drivers\AppleMNT.sysをリネーム
  例 AppleMNT.sys→AppleMNT999.sysなどに。
2)再起動
3)再起動後windowsXPのマイコンピューターからMacOSHDのドライブがマウントされていないことを確認。
4)windows-updateをかけSP3に
5)インストール作業終了後再起動を掛ける前に1)のファイルを元の名前に戻す
6)再起動
作業完了

注!5)の作業を必ず行って!

以上の簡単な手順で問題解決。
無事にWindowsアップデートができてSP3をあてることができました。

やれやれ。ほっ。



それにしてもAppleさん英文のサポート文章は”最終更新日: 28日8月2009年”つまり、日本版の発売日に出ているのですよね・・・。
しかも未だに日本語版の記事記載なし・・・。

なんだかなぁ~と。

コメント

_ たらーく ― 2009/09/09 22:10

 はじめまして、大変参考になりました。
 先日故あって、tigerのbootcamp1.4を使ってXPをインストールしようとすると、「期限切れ」の警告、iMacの時計を2年前に戻して再挑戦。うまくいったみたいですが、XPはsp2
 sp3にするためだけにsnow leopard買いました。
 ちょっと手間が要るみたいですね。

_ まねし ― 2009/10/25 15:13

参考になりました。
もう、対応手順どおりで
そのまま、利用でき、大丈夫でした。

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fatn.asablo.jp/blog/2009/09/04/4561538/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ MacのTwitterクライアント - 2009/11/21 07:41

qtwitterは機能がシンプルでカラーなどもポップな印象のTwitterクライアントです。 アイコンはTwitterrificに似ていますが、こちらは真っ正面を向いています。 使い勝手としては、シンプルにポストや返信をする分にはこれくらいの機能でいいのではないでしょうか。 qtwitt..